住宅ローンが支払えなくなるパターン

多くの人は家を買うのに住宅ローンを組むことになると思います。
しかし、あるとき住宅ローンが支払えなくなるということに陥る場合があります。
それは一体どういったときなのでしょうか?

・収入の減少
今日ではいつ何時自分の働いている会社の経営が思わしくなくなったり、突然のイベントで自分及びパートナーが働けなくなるという場合があります。
そういった時には当然収入が減少してしまうので住宅ローンを今まで通りに支払っていくのは困難です。

・支出の増加
突然の病気やけが、子供の教育費が想像以上にかかるようになってしまったなど収入が変わらなくても支出が増加してしまうという場合も時にはあります。
そんな時も住宅ローンを上手く支払っていくのは難しくなってしまうことがあるでしょう。

・資産価値が低下
様々な都合があって購入した家を手放すという場合も時にはあるでしょう。
しかしその頃には資産価値がローンの残高よりも低くなっていることがあります。