住宅ローンのために転職する事も大事

住宅ローンを利用するためには、年収や雇用形態や信用情報などを見て、あなたに支払い能力があるのかを見て行きます。支払い額が多くなってきますので、クレジットカードよりも住宅ローンを借りる借り換える時の審査の難易度は上がってきます。

そこで、年収が低い場合は、審査に通りにくい可能性がでてきます。少しでも審査に通りやすくするためには、年収を上げる努力をしていきます。

しかし、今働いている企業ではあまり年収が上げにくいという場合もあります。昇進が難しかったり、昇給しても少ししか給料が上がらない所もあります。

その場合は、住宅ローンのために思い切って転職する事も大事です。昇進や昇給しやすい企業であったり、給料自体が今よりも高くなる企業に転職すれば、それだけ金銭的に安定感がでてきます。つまり、審査に通りやすくなってきます。

しかし、勤務年数も大事になってきますので、転職してすぐに審査を受けるのではなくて、数年ぐらい働いてから審査を受ける方が望ましいです。