住宅リフォームをするためのローンを活用する

10年ほど前、中古住宅を譲りうけた事があります。築15年ほどの木造住宅でしたから、どうしても外壁の汚れが気になりましたし、建築時は2世帯住宅でしたので1世帯単独で使う場合には使い勝手が悪い場所もありました。

そこでリフォームを検討したのですが、たかがリフォームとは言えないほどまとまったお金が必要でした。貯金があってもまとめての支払いが厳しかったため、リフォームを請け負ってくれる会社と相談して、住宅ローンをお願いする事になりました。

今じゃ住宅ローンを借り換えると同時にリフォーム費用まで削減した金利分で賄え、その上新たにリフォームローンを組むことなく住宅ローンに組み込めるっていうのもかなりオトクですよね。その上不安な審査にも、住宅ローンの専門アドバイザーがやってくれるので安心して任せられますし、私は利用して本当によかったなと思いました。

月々の支払いは家賃負担と同じくらいで、私の場合は実家の敷地内にある中古住宅を譲り受けたものですから、家賃程度の支払いで生活に支障が出なかったのがラッキーでした。また、もしかすると実家と二世帯住宅を建てる可能性もあったので、2年間で支払いが完了するようボーナスと併用した金額設定にし、その範囲内でのリフォームを行いました。住宅ローンが以前よりも増えているからか、ローンの申請も比較的スムーズに行えたのでとても楽でした。